ロード中...

カラオケは何故レンタル・リースするの?
レンタルが主となった理由を解説します!

弊社はカラオケをレンタルすることを主としています。

パブ・スナック・クラブ…ナイト店にはほぼ全てのお店にカラオケが設置されています。場所によっては、居酒屋やパーティールームにも設置されていますね。
では、このカラオケはお店の所有物なのでしょうか?答えは、殆どのお店は弊社のような代理店、若しくはメーカーからレンタル・リースしています。
そこで、何故カラオケはレンタルするの?と言うところを詳しく解説していこうと思います。レンタルのメリット・デメリットを理解していれば不利な契約を結ぶリスクも減るし、何より業者とのお話もスムーズになると思います。それでは行ってみましょう。

①何故殆どの人がカラオケをレンタルしているの?

まず、ナイト店を営業するうえで必需品とも言えるカラオケですが、「そこまで必要な物なら自分で買って使えば良くない?」と思う人もいると思います。
カラオケを自分で購入すると、本体だけで100万以上はします。最新機種になると300万程です。そうです、無茶苦茶高いのです。中古で安いものを探せば20万円程でも見つかると思いますが、新曲の提供が終了しているようなカラオケが殆どです。本体の他にもマイク・スピーカー・アンプ・モニター…様々な機材の購入が必要になります。
初期費用がとんでもなく高くなるためにレンタルが主流な訳ですね。

②カラオケを購入すればずっと使える?

実はカラオケ本体を購入したからと言って月々発生するランニングコストは0にはならないのです。通信カラオケを使う為には、メーカーに情報利用料を毎月支払わなければ使えなくなってしまいます。
情報利用料(以下情報料)とは・・・内蔵された全ての楽曲データの所有権は作成したメーカーのものとなっており、その楽曲を使用するために発生するお金です。
この情報料は、カラオケ本体を購入しても毎月発生します。値段は機種によって違いますが、平均20,000円くらいです。決して安くはないランニングコストになります。

勿論、メーカーや代理店からレンタルしても情報料は発生します。カラオケ機材一式の賃貸料+情報料が毎月のランニングコストになるという訳です。

③レンタルとリースってどう違うの?

レンタルとリースが混同している人も多いと思いますが、良く知っていくと内容は違ったものになります。ここでは詳細を省きますが、レンタルとリースの違いを一言で説明するならば以下のようになります。

レンタルは会社(弊社)が既に所有している物品を借りるサービス。リースは自社(お店)に代わってリース会社に物品を購入して貰い、その物品を借りるサービス
弊社の場合、弊社が所有しているカラオケ・周辺機材をお客様に借しているのでレンタルになります。

また、リースの場合、守・修繕費をユーザーが負担するケースが多いみたいです。レンタルの場合は故意的な破損等を除けばレンタル会社の負担になります。
カラオケに関してはレンタルする人が殆どですね。

カラオケをリースしたとして、壊れた時に修繕費が発生しては費用もかかります。本体が高額な他、周辺機材を合わせると大量の機材を使用するので、当然高額修理のリスクは付いて回ってきます。レンタルする事でそのリスクを丸ごと回避できると考えたら、購入やリースするよりレンタルの方が良いのかな、と私は思いました。

レンタルのメリットをざっくりと説明しましたが、如何でしょうか。

便利に聞こえるレンタルでもデメリットはあります。途中解約は可能なものの、違約金が発生する事です。これはカラオケに限らず全てのレンタル契約に該当するのではないでしょうか。
逆に、契約期間含めてしっかり使用する事ができれば、レンタルが一番高いサービスを受けれるのではないでしょうか。不調な機材を無料で交換したりできる訳ですから。

弊社はお客様と契約する際には、特に契約内容を正確に伝えることを欠かさず行っております。レンタル契約は両社の信頼関係が無ければ成り立たない物ですからね。
お問い合わせからレンタルするまでの流れや、故障した機材の対応の流れはまた次の機会に書きたいと思います。

作成日時:2020年7月31日

カテゴリー
TOPICS, 各種事例
タグ
, ,

お問い合わせはコチラ

京浜サービス 電話電話

京浜サービス メールメール

京浜サービス LINEアカウントLINE

京浜サービス 電話電話

京浜サービス メールメール

京浜サービス LINEアカウントLINE